チューニングは

_C014306.jpg
スキー板をチューニングに出す場合、
普通は金具が付いた状態で渡すのが普通だけど、
右のようにプレートも外して板だけでチューンをすると、チューナーはとても作業がやりやすい。
加えて、ブリッジ等で圧の変化が無いので仕上がりもきれいになりやすい。
今回は、外してチューンでした。

コメント

非公開コメント