チューニングは

    _C014306.jpg
    スキー板をチューニングに出す場合、
    普通は金具が付いた状態で渡すのが普通だけど、
    右のようにプレートも外して板だけでチューンをすると、チューナーはとても作業がやりやすい。
    加えて、ブリッジ等で圧の変化が無いので仕上がりもきれいになりやすい。
    今回は、外してチューンでした。

    SKI Dubai その他

    SKI Dubaiでスキーをする場合、
    IMG_20191103_105147s.jpg
    これらのパッケージではなく、単体でスロープを選ぶ必要がある。
    これらのパッケージではスキーは出来ない。
    チケットの名前は「Slope session pass」デポジットのAED25と消費税を含んでAED245
    IMG_20191104_124636s_2019111122424225e.jpg
    まずは受付で、スキーがしたいと告げると、上記のスロープを2時間のコースだと紹介される。
    パスポートの原本もしくはコピーは必要なので、必ず持って行くこと。
    で、次に聞かれるのは、「スキーは出来る?」、「道具の使い方は知っている?」
    当然知っているよと言うと、紙を出してきて記載していくのだが、
    名前や年齢・国籍は良いにして、
    スキー歴、最初にスキーをした日付、最後にスキーをした日付、
    スキーのレベルを記載していく。
    ほぼ、ダイビングの時に書く内容に近い。
    最初に滑ったのは小学校5年生だから10歳だね、
    最後に滑ったのは、3月25日の夏油、
    スキーのレベルをエキスパートと書いたら、アドバンスと言う選択肢が横に有って丸を付けるようになっていた(笑)
    で、
    _B044258s.jpg
    このカードがICカードになっていて、スロープエリアに入場する時にこれをかざして入場して、
    リフトのゲートを通るときもこれをかざす。
    帰るときにこちらから能動的に返さないとAED25が帰ってこない。
    ま、そのくらいに金額ならば記念に持って帰ろうかと思ったけど、デザインがペンギンメインだったから要らないかなと、
    結局さっさと返しちゃった(笑)

    時間は2時間と言われていたけど、
    実際のゲートに最初に表示された時間はプラス30分程度が有ったので、充分滑ることが出来た。

    慣れていない人が滑るからだと思うが、
    かなり安全には気を遣っている。
    IMG_20191104_142223_1s.jpg
    一番最初セーフティーバーをいつものようにこの辺りで上げて降りる準備始めたら、
    いきなり笛を吹かれてバーを下ろせと(笑)
    さすがに2回目以降はそんなへまはせず、ご機嫌のお手振りを貰って、ご機嫌スキーでした。
    リフト乗り場でのサポートも私からするとそんな補助いらないよと思うのだが、
    環境を考えるとやはりその位は必要なのだろうね。

    で、帰るときに気がついたのだけど、
    IMG_20191104_155248s_20191111224237b81.jpg
    高機能スキーレンタルが有った。
    価格は、板のみだとAED100、ブーツとウエア込みだとAED150になる。
    見るからに、標準で借りられる道具とは差がありますね。
    先に知っていたら借りた、、、かなぁ(笑)

    SKI Dubai コース編

    元世界最大の屋内スキー場
    IMG_20191104_144630s.jpg
    これがコース全景、なのだが、
    見ての通り奥は曲がっていて見えない。
    ザウスの様に真っ直ぐではなく、コースが途中で曲がっている。
    IMG_20191104_132950s.jpg
    曲がった先はこうなっているが、
    IMG_20191104_141939s.jpg
    リフトもコースに併せて曲がっている。

    で、上までのアクセスは、このリフトだけかと思っていると。
    IMG_20191104_152105s.jpg
    左の方に上に登っている人が居る
    そう、滑走式リフトが有る。
    形は、日本ではほとんど見ないPoma社のプラッター式リフト。

    IMG_20191104_142354s.jpg
    このチェックゲートを通って、右に行くと
    IMG_20191104_142436_1s.jpg
    チェアリフトの乗り場

    左の奥に回っていくと、
    IMG_20191104_141257s.jpg
    プラッターリフト乗り場となっている。
    このプラッターリフトは、コースの曲がっている上部の右サイドにも設置されている。

    コース長は最大400mとなっているが、このプラッタリフトから斜面左側のコースを進んでいくと斜度が緩いコースとなりその距離になる。
    右側を進むと、一番斜度がきつく(と言ってもしれているけど)そこそこ飛ばせるコースとなっており。
    特に右にカーブした先が落とし込んであって斜面変化があって楽しい。
    最後はリフト乗り場の上で右側から左の緩いコースに合流する形になる。

    SSAWSと比較して、滑走距離がほぼ同じというもののこちらの方が滑り応えが有るような気がした。
    今の最大は中国に有るのね。

    SKI Dubai 道具編その2

    レンタル以外で貰える物と、
    置いてある物ですが、
    まず、道具と一緒に靴下が貰える。
    _B094271.jpg
    写真左の黒いやつ、
    で、手袋が貰えると思っていたのだが、最初には貰えない。
    加えて、ストックも無くて確認したら、
    上に行けばあるよと。
    IMG_20191104_143821s.jpg
    入場してエスカレーターに乗って上がった先にストックは有った。
    自分の使いたい長さのストックを選んで持って行く、帰りはここに返す。
    見ての通りぶら下がっているので、長さ違いが間違って返されていても判るようになっている。
    見る限り違う長さのストックは混じっていなさそうなので、しっかりと管理している模様。
    で、
    その周りを探したが、手袋は置いていない。
    丁度そこに居たスクールのスタッフに聞いたら。
    IMG_20191104_142400s.jpg
    進んでゲートを入ったらスタッフに貰えると教えて貰った。
    リフト乗り場で「グラブはどこで入手出来るの?」って聞いたら、ポケットから出して手渡して貰えた。
    その後滑っている時にリフト乗り場でスマートフォンで写真を撮るから手袋を外して動いていたら、
    手袋は持っているかと聞いて貰えるので、手袋は持っていない人はこちらから聞かなくても確実に貰えるようだ。
    アウターの下には長袖Tシャツだけは持って行って着込んだけど、
    オーバーパンツの下は短パン(爆)
    このペラペラのフリース&ゴーグルorサングラス無しで戦えるのかとスタート前は少し不安だったが(笑)

    続く。。

    SKI Dubai レンタル道具編

    SKI Dubaiで使った道具はベーシックでセットになっているレンタル、
    _B044245s_20191108224750d88.jpg
    これが一式

    板は、
    _B044247s_20191108224753264.jpg
    ロシニョール製で、
    _B044246s_20191108224752f6c.jpg
    SKI DUBAIの文字入り
    長さは166cm
    借りるときに170位が良いって言ったら、長すぎると。
    普段175か180を使っていると言ったら、それでも長すぎると。
    166と170ってたいして差が無いと思うのだが(笑)
    まぁ、166cmでも問題は無かったけど、エッジはそこまで鋭くない(苦笑)

    ウエアは、上から着るオーバージャケットとオーバーパンツ。
    これがなかなか曲者で、ポケットが無い。
    _B044257s_20191108224749b85.jpg
    唯一のポケットは袖にある、チケットホルダーのみ。
    ここに携帯を入れて出せるようにした。
    ウエアを閉めるのは、チャックではなくボタン(笑)
    まぁ、見た目に修学旅行のつなぎよりはマシってレベル。

    ブーツは、
    _B044253rs.jpg
    インソール無し(爆)
    仕方ないから、自分のを引きずり出して入れて使用。

    窓口で貸して貰える道具はこれが一式。
    あとは、必要の無いものは、ロッカーに入れて場内に。

    続く。

    初滑り

    今シーズンの初滑り
    IMG_7489s.jpg
    このような場所で、
    IMG_20191104_132623s.jpg
    初滑り。
    SKI Dubai 、砂漠にあるスキー場(笑)
    IMG_20191104_144632s.jpg
    この通り空いているから、ガンガン回して筋肉痛(笑)

    内容紹介は2回か3回に分けて記載します。
    レンタル道具編
    SKI Dubai 道具編その2
    SKI Dubai コース編
    SKI Dubai その他

    ビンディング有効活用

    今シーズンは、金具の付け替えがマイブーム(笑)
    というか、知り合いのSL11 157cmのヒールピースが壊れた。

    私の最近使っていない、
    _MG_0096.jpg
    これに付いていた、1016は頑丈なのでまだ元気!
    と言うことで、
    _MG_0099_20191014230218e79.jpg
    汚れをしっかりと落として、古くなったグリスも落として新しいグリスを塗り直して
    _MG_0106.jpg
    完璧!
    ただし、
    この板、エッジは研いだ方が良いよ、okazakiに持って行くかい?(笑)

    SLモデルのはやり

    AUGMENTのSL系板、
    IMG_20190929_151734_R.jpg
    右がFISロゴ付の純競技板、
    左が一般モデルのPRO
    同じ165cm R=12.5mだけど、
    見てのとおり、純競技板のほうは、テールの端まで広がっている。
    8年位前にこの形状が一般的だったけど、いつの間にか競技用モデルも左のような
    すぼめたテールになっていた。
    ここにきて、多くのメーカーで最後まで広がって、ずん切りな形状に戻りつつある。
    一般モデルと形状を変えるのって面倒じゃないのかな?

    金具は、

    使おうかと思った金具、
    _7273796s.jpg
    今回は出番無し。
    次の自分用に使おうかな。

    冬支度の結果

    先週準備をしたスキー板、
    LookのSPEED SETはトゥピースは既にある穴が干渉するし、ヒールピースはプレート自体のビスが干渉するので、
    若干ずらして付けないといけない
    どちらも固定ではないので、トゥが1ノッチ、ヒールが3ノッチズレるけど、
    本人のはもちろん、他の285mm程度のソールサイズならば特に問題なく入ることも判った。
    板の持ち主に話をしたら、
    _7273750s_2019072723295968a.jpg
    こんなのを落札していた(笑)
    サロモンのZ14 SP
    _7273754s_2019072723300029b.jpg
    穴開け不要ってのが最高です。
    _7273772s_2019072723295753f.jpg
    こうなりました。
    プロフィール

    かなぴ

    Author:かなぴ
    旧記事は下記リンクをご利用ください。
    http://b747.co/blog/


    にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    PVランキング