Phantom 復活

    実は、うちのPhantom、盆休みに墜落した(涙)

    念願の(と言っても海外通販で8500円位のものだったんだけど)ジンバルを購入して取り付けて飛ばしてみた。
    バッテリー1本目のフライトは、慎重にある程度練習パターンで回したので少し重くて動きが悪くなったな程度の認識で、2本目を飛ばしたら、

    ちょっと下げようと思って何気なくスロットル一気に引いら、一気に沈下、とりあえず、ニュートラルに戻したけど、止まらないので、フルスロットルに入れたけど時既に遅くそのまま墜落。
    それも用水路に、いわゆる水没ってやつ(涙)
    バッテリーフルで2分未満の事態なので、バッテリー切れは考えにくいので、
    やはり重さだと思う。
    下げるときの慎重さが足りなかったんですね。

    速攻持って帰って、バラしながら水道で洗って、3日徹底的に乾燥させてから電源を投入すると。

    何故か赤点滅が、
    一体何のエラーかと(爆)
    Phantom_LV.jpg
    PCに繋いで確認すると、やはり電圧過小のアラーム、
    電圧は「Disconnected」、バッテリーが繋がっていないと言っている(苦笑)
    さすがに見ての通り、NAZA-Mが動いているんだから電圧がないなんて事はない。
    と言うことは、電圧を認識する何かが壊れた。
    調べてみると電源系は、メイン基板にから、NAZA-Mに受け渡しが行われている。
    となると、メイン基板か、NAZAのどちらか、
    _IMG0380.jpg
    この画像の写っている基盤左部分が入力電圧に対して信号をNAZAに送る作業を行っている。

    SEKIDOのHPを確認すると、
    PhantomのMCボードが5,800円(税抜き、以下同じ)で売り切れ、
    Phantom専用NAZA-Mが23,420円
    どちらが悪いか探しても、メイン基板だったら根本入手できない、
    と思って見ていると、
    NAZA-M Lite PMU (電源ユニット)というのが、851円で出ている、
    先に調べたとおりNAZA系はX3ピンに電源ユニットからCD-5Vと電圧の信号がここから出ている事までは判っていた、
    ここで、Phantom用NAZA-MとNAZA-M Liteで電源の入力値に差(信号の違い)が有るかどうか、
    今一判らないけど、この税込み920円なら失敗できる(爆)

    でも、
    もしもNAZAならどうしよう。。。

    DJI NAZAM Lite 【限定品】が7,037円なり、

    いよいよ見てみると、
    DJI NAZAM Lite + GPS + LED + PMU Comboというフルセットが、17,222円
    もしかしたら、GPSやコンパスも死んでいるかもしれない、
    となると、これ一式放り込めば飛ばせるんじゃないか?
    もし余っても、他の機体を次ぎ組むときに使えるよね?
    と言うことで、お仕事のストレスも背中を押してくれて、電源ユニットと、Liteのフルセットを注文(爆)
    _IMG0371.jpg
    ちなみに、セット内容には電源ユニットは1個含まれています。

    まずは、NAZA-Mが生きているかどうか(電源が死んでいるかどうか)の確認を、
    Liteを繋いで確認
    _IMG0386.jpg

    14830_lite.png
    右下の警告の通り、やはり電圧認識無し(この画面は、レシーバーがD-Busになっていなかったから切り替えたまま撮っちゃった)
    と言うことで、基盤確定
    _IMG0387.jpg
    電源ユニットを半田付けして、確認すると、
    14830_good.png
    機体のランプも正常になって、


    コンパスはNAZA-M アシスタントソフトウェアから数値が変化するのが見えていたし、
    ジャイロと加速度計関係も生きているのが見てとれるんだけど、
    唯一心配していたGPS関係、

    この通り、無事測位、
    あとは、飛ばしてみるだけ、

    20140830_062426474_iOS_r.jpg
    無事問題なく飛んだ、

    だけどね、ジンバルさん、乾燥後通電してみると動かない。
    どうも電源側が死んだ模様(涙)

    でも、今回触って判ったことは、
    PhantomのNAZA-MはLiteと互換性が完璧にありそう。
    今度、暇なときにLiteに積み替えて飛ばしてみようかな。

    コメント

    No title

    ジンバルってなに?って思って調べてみると・・・簡易のステディカムって認識でいいんですか?
    一昔前だと、映画のメイキングで、走り回るカメラマンが前後に大きなウェィトを下げた格好で撮影してた記憶があるんですが・・・この大きさでこんなこと(?)が出来るとは。。。

    No title

    >司馬さま

    はい、今は加速度計がもの凄く小さなチップに収まるので、
    とんでもなく小さく、また高精度になっています。

    今時は、2軸(ピッチ:縦の方向き・ロール:横の方向き)はもう古く、
    3軸(上記に加えてヨー:旋回方向)の揺れにも対応するのがはやりです。
    3軸にするだけで倍以上の価格になってしまうんです(涙)

    No title

    水没してたとは・・・
    でも、さすがはかなぴさん、バッチリ復活させてますね
    こういう事態になると俄然、闘志がメラメラする印象です(^^)

    No title

    >FOUR-STRAIGHT さま

    はい、お盆休みに浮かれて(苦笑)
    原因探しに思ったより時間を使いましたが、
    意外と軽傷で良かったです。

    おかげで、色々とマルチローターの勉強でき、
    細工方法もしっかりと判りました。
    パーツは輸入総代理店で購入する方がヤフオクなんかより安いのも知りました(笑)
    かなり安くで組めるのも知ってしまいました(爆)

    ただ、爆安中華ジンバルのコントローラーがあんなに弱いものだとは思いませんでした。
    接続間違いで燃えるとかは見ましたが、水没で瞬殺だとは(涙)

    このコントローラーが、また総額2800円程で手に入ってしまったので、
    復活させるつもりですが、
    死んだのがコントローラーじゃなかったらどうしようかと。
    まぁ、どう見ても入力系が死んでいるようなので、一発解決かなとも思いますが、
    それこそ、コントローラー燃やしたジャンクでもヤフオクで落とせば良いかなと。。。

    こうやって、予備パーツが余っていくんですよね(苦笑)




    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    かなぴ

    Author:かなぴ
    旧記事は下記リンクをご利用ください。
    http://b747.co/blog/


    にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    PVランキング