新型デミオ

    先日レンタカーで新型デミオを利用した。
    IMG_20170726_163948 (1)s
    右のミラーを見たら何か写り込んでいると思っていたら、
    宣伝している右レーン後方に車有りのサインが光っているのに認識出来ていなかっただけ。
    左側も出るのか見ていたけど、こちらは出ないようだった。
    そこまで時間掛けて確認していないけれど、
    1泊2日で乗った感じは、
    良い脚してると思う。

    車のお掃除

    休みを利用して、ようやく車内の掃除が出来た。
    IMG_20170504_135222s.jpg
    センターコンソールを外して掃除するのは時々するけど、
    今回は、
    IMG_20170504_135155s.jpg
    フットレストの掃除
    IMG_20170504_135442s.jpg
    スキーの時だと思うのだが、泥だらけになっていてブラシと掃除機ではきれいにならなかったので外して洗った。

    タイヤ交換

    今日ようやく冬用にタイヤ交換をした。
    IMG_20161211_163832.jpg
    ステージアは今シーズンから、昨年併売だったダンロップのDSX-2、後期モデル(コンパウンド変更後)になった。
    ダンロップは既に、WINTER MAXX 02が出ているんだけれど(笑)
    昨シーズンまで使ったGEOLANDAR I/T-Sは、そろそろプラットフォームまで残り少なくなっていたので、更新しましたが、
    結局怖いと思った事は無かった。
    このタイヤも性能が良いとうれしいな。


    mazda 2

    デミオ、
    USAの呼び名は
    IMG_5532.jpg
    mazda2

    日産リーフ

    IMG_5280.jpg
    ちょっくら日産リーフを借りることが出来た。

    IMG_5281.jpg
    乗ってみると気むずかしいことも無く、
    モーターな分だけどこからでも加速するのが凄い。
    航続距離が倍になったらかなり使い勝手が良くなるだろう。

    まずは乗ってみた感想まで。

    デミオブレーキ整備

    デミオのブレーキを整備した。
    160910_002 (1)
    今年の1月に車検を受けるときに整備する予定だったが、少し時間が足りなかった。
    そのときは開けてみて特に問題がなかかったので、清掃のみだったが
    既にパーツを購入していたのだが、、、、

    ようやく今日行った。
    160910_001 (1)
    これ、きれいに組み付けてみて確認してみたら、逆に組んでいる(涙)

    ようやく涼しくなってきて、作業が楽になってきた。
    特にブレーキを触るときは天気が良くて湿度の低い日に限るしね。

    車検整備

    この月末に車検なので整備をした。
    ファイル_000

    メインは
    ファイル_002
    ブレーキの整備。
    オイル類は既に終わっているし、ベルト類も昨年終えているのでこれで終了かな。

    ブーツ修理

    今日は、ステージアのロアアームボールジョインにと部分のブーツを交換した。
    P4100487-2.jpg
    この部分は3月末にマイアに行ったときホイールにグリスが飛んでいたので、
    確認し気がついた。
    これは、4月の頭に確認して、状況把握

    日産の設定ではブーツだけの交換ではなくアームごとの交換なので部品代だけで片側6万近くのとんでもない話に。
    ということで、ネットで調べてブーツの未交換。
    費用は左右2セットでモノタロウで送料込みの1,500円程度
    P5050590-2.jpg
    さすがに日産さんどうよね(苦笑)

    ようやく

    スキーシーズンに入る頃に一気に安くなったので入手していた
    カロッツェリアのTS-F1730S
    P4300560.jpg
    今日ようやく付けることが出来た。
    P4300563.jpg
    純正も見た目はきれいな色なんだけど(笑)

    これを選定した理由は、
    日産のバッフルマウントが付いてくるのと、
    何より、ツイーターが純正位置に納まるブラケットが付いているから。
    P4300566.jpg
    純正はこんな感じのツイーターが付いている。
    上にコンデンサを抱えているので、クロスオーバーとかではなく、
    分岐させたものをコンデンサで吸収させる仕掛け。

    P4300565.jpg
    ツイーターは、ケーシングから取り出して、ブラケットに取り付けて使う方式をとっている。
    P4300568.jpg
    ここから不要なマウント部分を切り離して取り付ける。

    P4300570.jpg
    右下の茶色のコネクタは元々のツイーターへの配線だけど、
    交換後は、黒白で見えている線がクロスオーバーに繋がる。
    P4300569.jpg
    ウーハー側はこんな感じ。
    見えているコネクタはスピーカーに入っていたコネクタで、
    このキットはそこにそのまま繋がる変換コネクタが入っているので、
    自分でギボシ上げ等の作業が一切不要という超楽ちん作業。
    クッション付きの両面テープやインシュロック等本当に何も持っていなくても作業が出来るキットになっている。

    ちなみに、マウントがない場合バッフルだけ購入すると2千円を軽く超える。
    確かに木製のしっかりとしたものになるんだけど、バカにならない。

    音は、元と比べるとシャキっとした音に変わった。
    1万円でこれだけ効果が有れば文句なしかなと。

    デミオのパワーウインドウ

    うちのデミオ(DY-3)の助手席フロント側パワーウインドウが動かなくなった。
    P7263580.jpg
    スイッチを操作すると「カチッ」的な音はするけど、その後うんともすんとも言わない・・・
    まぁ、閉まったままなので特段放置しておいても害は無いわけだが(苦笑)

    取りあえず、原因は探しておかないと部品の調達も出来ないわけで、
    まずは原因を探るべくバラしに掛かった。
    P7263573.jpg
    スピーカーやその他の作業ならば、パワーウインドウスイッチはコネクタで外してしまうのですが、
    今回はこのスイッチがないと始まらないので、ねじ2本を外してこの状態に。

    P7263574.jpg
    モーター駆動の電源コネクターを外して、スイッチを操作しながらテスターを掛けてみると
    問題なく電圧が出ている。

    P7263575.jpg
    モーターを外して、コネクタ挿して動かしてみたら、問題なく動く。
    これで電気系は問題なし。

    P7263577.jpg
    ドア側はこの通り、
    ここにハンドルレバーユニットを掛けて回せば普通に手動ウインドウになるんだけど、
    そんなパーツは当然持ち合わせていない(爆)
    こんな場所(正確にはこれより先の物理側)だとマジでやっかいだなと思ってはいたけど、
    よく考えたら、さっきまでモーターのうなり音が全く聞こえていないので、
    もしかしたらと思って、組み直して作動させたらすんなり動いた。

    正直何か噛んでいたのかなとも思ったけど、モーター音がしなかったのがとても気になっている。
    結局原因不明で終了だけど、こういうパターンが一番危ない。
    そのうちまた止まるかもしれないんですよ。

    作業時間は、道具の用意から片付けまで込みで30分で終了
    プロフィール

    かなぴ

    Author:かなぴ
    旧記事は下記リンクをご利用ください。
    http://b747.co/blog/


    にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ

    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    PVランキング